算数と国語を同時に伸ばすパズル

ドリルの紹介です

 

うちの子供は、考えることがあまり得意ではありません。

いろいろなアイデアを思いつくのは得意なのですが、理屈で考えを詰めていくとなると、どこからどう手をつけたらいいのか、まず何をしたらいいのかさえわからないらしくて、固まってしまいます。

いわゆる世間で言う、拡散的思考が得意で収束的思考が苦手なタイプのようなのです。

 

それで、ときおりこれをやってます。

入門編はなんとかやりおえ、今はこちらの初級編に取り組んでいます。

 

このドリルは、そもそも思考力がある子にはものたりないと思います。論理パズルと、数字のパズルが交互に並んでいて、ずっと同じパターンの繰り返しです。どちらかというと、考えるのがあまり得意ではない子に、「考えるってこういうこと」「考えるって楽しい」と少しずつ体感してもらうのにいいパズルなのかな、と思います。

わが子もときどき思い出したようにこのドリルを取り出して、進めていくうちに、

「理屈で追い詰めていくって感じが、楽しい!」

と言いだすようになりました。

教えずに自力で解かせるよう書いてありますが、うちの子供には無理だったので、はじめは目の前で数問、ていねいに解いて見せました。考えすすめている過程を、ゆっくりと全部ぶつぶつと声に出し、メモに書きだし、だんだん答えにたどり着くところを見せました。子供が問題を解けないと言った場合は、今子供が解いている問題ではなくて、その前の問題を解いて見せました。

にたよーな問題ばかり並んでいるので、それが可能です。

ワンパターンにもいいところがあるのです。

 

他にも

と続いています。

小学生の間にここまで終わるかどうか微妙ですが、もしも出来たら、

これもやらせてみたいものです。