算数の文章題を解く(小学1年生)

こんばんは

前からやろうやろうと思いつつ、面倒くさくて放置してあった、算数の文章題です。

まずは基本の1年生の問題を解いてみたいと思います。

 

1年生というと、こんな感じですね。

 

みおさんは、金魚を5匹飼っています。はやたさんから3匹もらいました。金魚は全部で何匹ですか。

 

手順どおりに いってみましょう。

①問題文を読む。

飼育している金魚の話ですね。金魚の数の話です。

 

②何を聞いているのか

金魚の数を聞いています。全部で何匹いるのか聞いています。全部で、と言うからには、本来は部分にわかれていたはずです。金魚A部分と金魚B部分の、2つ以上の部分があったはずです。

 

③登場人物、登場するもの

みおさん

はやたさん

みおさんに飼育されている金魚

はやたさんに所有されている金魚

 

④「登場人物、登場するもの」がどのようであるか

みおさんは金魚を飼っています。5匹です。飼育しているわけですから、水槽となるような容器を持っていることでしょう。たらいかもしれません。金魚鉢かもしれません。バケツってこともありえます。

その他の情報は不明です。

 

はやたさんは、金魚を飼っているのかわかりませんが、少なくとも3匹の、自分の自由にできる金魚を所有しています。どのように持っているかはわかりません。おまつりの金魚すくいの金魚ということもありえます。立派な大水槽に大量に飼育している可能性もあります。その辺はわかりません。

 

金魚

金魚には2種類います。

みおさんに飼育されている金魚。数は5匹。

はやたさんに所有されている金魚。数は3匹以上。

 

 

⑤ 「登場人物、登場するもの」同士の関係

みおさんと金魚、はやたさんと金魚については、④ですでに見ました。

みおさんとはやたさんの関係を見てみましょう。

関係と言っても、みおさんとはやたさんが兄弟なのか、友達なのか、あるいは恋人同士なのか、親が定めたいいなずけ、とか、そういうことは算数の問題を解く場合、気にしないことになっています。

 文章からわかる二人の関係は、金魚の贈与です。はやたさんからみおさんに、金魚が3匹わたされました。

 

   みお      はやた

  金魚(5匹)  ←金魚(3匹)

----------------------------------------------------------

        全部

 

⑥どうすると答えがでるか考える。

何が問題だったのか、思い出しましょう。

聞かれていたのは、全部で金魚は何匹か、ということでした。そして、全部で、と言われているからには、そもそも金魚は2種類以上あったはずだと確認しました。

上の図をみると、みおさんのもとにいた金魚(5匹)と、はやたさんのもとからみおさんのもとに移動した金魚(3匹)が、「全部で」という言葉が想定している「部分」と「部分」に該当するとわかります。

これは、足し算の問題です。

部分+部分=全部 です。

 

⑦式をたてます

5+3


⑧式を解きます

5+3=8


⑨答え

金魚の数です。だから答えは

8匹

 

1年生の問題を、しつこく解いてみました。

実際やってみると、④、⑤はいっぺんにやってしまった方がいいようです。次回はいっぺんにやってみます。